ハッピーライフ  潰瘍性大腸炎の話をしよう

潰瘍性大腸炎歴10年アラフォー社会人の日記

このブログについて

このブログは、潰瘍性大腸炎と付き合いながら、普通の生活を送る40代女子の日々の記録です。

難病と付き合いながら、清く正しく美しく朗らかにをモットーに綴ります。

 

潰瘍性大腸炎の症状、通院状況

・日々の食事や、体調管理

潰瘍性大腸炎と収入

 

※ 潰瘍性大腸炎は個人差の大きい病気なので、私に合う食べ物、治療法が誰にでも合うわけではありませんので、その点はご注意ください。

 

 

 

潰瘍性大腸炎の主治医はイケメンでないほうがいい(主観)

こんにちは、ダニエルです。

肺炎で退院して約一週間、無事に毎日仕事行ってました。

なんなら、残業してました。有給とって、遊びに行った日もありました。

 

そういう意味では、元気なんだけども、入院中に毎日しこたま寝ていたからか、復帰後も眠くて仕方ありません。

これまでは、ブログ更新などに充てていた時間を睡眠時間に充てないと、仕事中もたないし、体調も保てなさそうで…。

しばらくは、体調重視で過ごします。

 

さて、私はUCの主治医は、イケメンすぎないほうがいいタイプです。

そのことについて掘り下げます。

なぜなら、肺炎の主治医(内科)がイケメンだったからです(?)。

 

f:id:danielchang:20190519200956j:image

 

 

1 そもそも主治医は好きになる可能性に満ち満ちている

 

まず、大前提として、私は女性で主治医は男性を想定しています。

というのは、私はUCで女性の医師に診てもらった経験がないから。

まあ、このあたりは深く考えず、男性は担当の看護師さんが美人か、って観点で考えてください。同性愛者の方はお好きな観点で。

 

主治医というのは、自分と家族や親しい人以外で病気について理解してくれている人(私にとっては)。

心身ともに弱っているときに、助けてくれて、心配してくれて(それが仕事上のものであっても)、よくなるように方針を固めてくれる人。

 

通常の場合でも、そんな自分の体調のことを気にしてくれる人には好意しかわかないです。

 

それが、入院中だと、その傾向がより顕著になります。

たいてい、主治医は朝、晩もしくはどちらか、回診に来てくれます。

それで、回復してくると、喜んでくれるし、褒めてくれる。

 

他に会う人が限られてる入院生活で爽やかな風を運んでくれる存在、それが主治医です(私にとって)。

 

回診って単調な入院生活ではお楽しみタイムではないですか?

私は、少しでも身支度した自分を見せたくて、毎日お風呂入ったりします(ささやか~)。

回診は一瞬なんですけどね。

 

ネットで探せば、主治医を好きになった話はゴロゴロあるから、弱ってる人間は、助けてくれる人を好きになる傾向がある、っていうのは言えるはず。

何か、そういう傾向を表す用語もありませんでしたっけ?(忘れた)

 

 

2 でも、潰瘍性大腸炎の主治医はイケメンでないほうがいい

 

もともと、イケメン好きなんです。

身近にイケメンがいると、モチベーションが上がるんです。

 

でも、UCに関しては、主治医はイケメンでないほうがいい。

 

この病気だと、触診や、内視鏡カメラがあるじゃないですか。

あれをイケメンにされるのは、耐えがたい。

ただでさえ、身体的につらいのに、精神的ダメージまで受けたくない。

 

アラフォーでも、そういった乙女心のかけらがあるんです。

 

幸い(?)、私の主治医は、気楽におしゃべりできるおじさんなので、こういう人でちょうどよかったです。

しかし、同じ科の若い先生がイケメンなんだけど、内視鏡カメラのときに、意見を聞くために主治医がイケメン先生を突然呼びだしたりするので、注意が必要。

いや、イケメン先生は、腸の画像しか見てないけどさ…内視鏡カメラを入れられてる私を見てはいないけど、乙女心のかけらがね…

 

 

3 内科の主治医はイケメンに最適

 

で、始めに戻るけど、今回は肺炎で入院だったんだけど、主治医は、要潤みたいなシュッとしたイケメン先生だったのです。

肺炎なら、別に内視鏡検査なんてないから、イケメンウェルカムです。

 

通院予定があるので、ちょっと楽しみ。

 

入院中は、さんざんすっぴんをさらしたので、どうしようもないんだけど、通院日に向けて、ビジュアルを整えます。

とりあえず、昨日髪切ってきました。

あとは、スキンケアに力入れて、当日まで過ごします(真剣)!

 

 こういう気持ちにはりがあるのが一番嬉しいな。

それでは、また~

退院しました\(^o^)/

みなさん、こんばんは。

f:id:danielchang:20190508221406j:image

連休中に肺炎で入院しましたが、本日退院しました。

ちょうど一週間の入院生活でした。

これまで、数回入院した私ですが、今回は一番軽かったな。

入院期間の後半は熱も出ず、たまに咳が出るくらいだったので、単にゴロゴロしてる人のような入院生活でした。

 

明日からは、仕事行くんだけど、今週はあと2日仕事行けば週末なので、身体を徐々に日常生活に慣らしていくにはちょうどいい。

今週は、あまり残業せずに仕事復帰するだけでよしとしたい…三食昼寝つき生活だったので、フルタイムの仕事だけでぐったりしそう。

 

今回は、このブログを始めてから初めての入院でした。

入院中は、ブログ書いたり、ツイッターでつぶやいたりで、入院中の虚無がかなり軽減されました。

私、今回の入院も家族と職場以外には言ってなくて、友達には全然伝えてないもので(心配させるのが心苦しい派)、気軽につぶやいて反応があるのが、心強かったです。

 

病気について、必要がなければ秘密主義でいるんですが、素直に心のうちを明かせる場があるのは心身ともにしんどいときには逃げ場になっていいですね…

まあ、私が発信してたのって、病院の食事内容がほとんどだったんだけど、地味に病院食がストレスだったりしたわけで。

反応くださったみなさま、コメントくださったみなさま、ありがとうございました。

 

それでは、明日からの勤務に備えてぐっすり休みます。

皆さまも、連休明けの久々の仕事や学校でしんどい人も多いでしょうから、ぼちぼちやっていきましょー!

(考えると余計に餓えるんだけど…)退院したら食べたいもの!!

こんにちは、ダニエルです。

連休最終日ですね。

私は、カレンダー通り連休だったんですが、むしろ、連休開始前の金曜に内視鏡検査するために有給とったので、11連休だったんですが、連休始まってから、肺炎で寝込んでからの入院だったので、何だったのかな…って連休でしたね。

そうは言っても、連休前半で映画見たり、友達に会ったり、家族で食事行ったりできたので、ちょっとはね、味わえました。

 

明日は、検査が入っているので、すでに休む連絡を上司にしてあって、まあ連休続行みたいな?(前向き)

とりあえず、早く退院の目途を知りたいな。

 

さて、前回のエントリにたくさんの(←大げさ)反応がありました。

いいね、やコメントありがとうございました。

やはり、IBDの皆さんは、食への執着がね!!あるよね!!

それも、発症後というか、絶食を強いられたあとに、食欲大爆発派が多かったです。

 

そうですよね~(激しく同意)。

人間、禁じられると余計に欲しくなるものですよ…

 

というわけで、ただ今、絶賛入院中の私が、退院したら食べようとリスト化してるものを紹介します。

 

 

f:id:danielchang:20190506180039j:image

 

1 入院中の食生活

 

まず、前提として、私が入院している病院の食事はいまいち…ではあります。

そうは言っても、病院の食事は概して美味しくないもの…(って断定していいものか)。

私、看護師さんに「うちの病院は食事がいまいちでごめんなさいね」って謝られたことがありますもん。

あとね、どれだけ飢えてんだって話なんですが、引くと思うけど引かずに聞いてほしいんだけど、他の入院中のフォロワーさんの食事を見て、ぐぬぬ…ここの病院の食事美味しそうーーー!!ってなってますからね。

 

これだけグチ言ってるので、食事をアップするのはやめておきますが、ツイッターには上げまくってるので、もし興味があったらそちらでご確認ください(そんなヒマな人いないか)。

基本的に、ご飯はお粥、おかずとしてお麩が頻出。メインはお魚が9割、鳥肉1割ってとこです。

めっちゃおなかにやさしそうです。←フォロー

 

でも、私さ、お粥ってそもそもそこまで好きじゃなくて…

三食お粥がまずきつい。

 

これ以上書くと、これからの食事がますますしんどくなって、泣きながら食べることになるんで、このぐらいにしておきます。

 

あと、今回の入院は肺炎なので、食事療法は主ではないんですが、持病につき、食事が全粥+軟菜になってる状態です。

 

 

2 とにかく、味の濃いものが食べたいの!!

 

それでは、私は何を食べたいか。

ランキング形式にしようか迷ったんだけど、順位をつけるのが難しかったので、箇条書きでいきます。

 

・納豆ごはん

シンプルー!

これなら、退院したその日に食べられるでしょう。

いや、本当にお粥でないご飯が食べたくて…

 

・卵かけごはん

またまたシンプルー!!

これも、新鮮な卵と炊き立てのご飯があれば食べられる。

しつこいけど、お粥じゃなくて、しっかりしたお米のご飯が食べたい…

 

・クリームの美味しいケーキ

クリームの美味しいケーキが食べたい。

フルーツ系でも、生クリームでもいい。

これは、退院した暁には、家族分も合わせて美味しいケーキを買おう。

 

マクドナルドのチキンマックナゲット

テレビCMでめっちゃ流れるんですけど。

誘惑してくるんですけど。

普段、マックではポテトを溺愛してるけど、CMのせいで今はチキンマックナゲットが無性に食べたい。

そうは言っても、マックなんて何ヵ月に1回の超ご褒美食だから、あんまり食べられないけど。

チキンマックナゲットだけなら、気軽に食べてもいいかな。

 

・濃厚なカルボナーラ

特にこのお店の、ってのがあるわけではないけど、カルボナーラが食べたい。

それも濃厚なやつ。

こってりしてて、途中で「もう食べられない~」ってなるやつ。

カルボナーラは、お店に行く機会がなければ自分で作ろうかな。

生クリームで。

いつもなら、豆乳でヘルシーにするところだけど、ここぞとばかりに生クリームにする。

 

ふう、書いたらちょっとすっきりしました(*´з`)

それでは、また~

潰瘍性大腸炎になったら劇的に食への執着が高まった件

みなさん、こんにちは。

 

もう、入院生活ヒマ過ぎて。

私のタイムスケジュールは

 

7時  起床 熱、血圧計測(看護師さんが)

7時半 朝ごはん

8時頃 主治医回診(肺炎の。つまり内科。イケメン)

10時 点滴

12時 昼ごはん

18時 夜ごはん

20時 点滴

23時 就寝

 

この合間に、シャワー入ったり、ブログ書いたり、lineでたまごっち育てたり、どうぶつの森ポケットキャンプしてるわけで、まあヒマです。

 

なのでね、毎日更新します。

 

さて、今日は、潰瘍性大腸炎になってから食への執着が高まった件について。

これ、ツイッター見てると、私だけではなくてIBD患者の人には概ねその傾向がありそうです。

だってさ、みなさんつぶやくことの7割は食べ物のことじゃないです?

私、他の趣味垢もあるんだけど、そこまで食べ物のこと流れてこないもの。

みんな、食べ物への執着が増すのよね!(決めつけ)ってことで進めます。

 

 

 

f:id:danielchang:20190505165834j:image

 

1 発症する前の食への興味

 

私は、もともと食への興味が薄いタイプ。

食べる量も少ないし、食べるのも遅いし、給食は残って食べる生徒でした(今はそういうことしないんだってね)。

 

高校生・大学生ぐらいからは、普通に食欲が増して、友達とお菓子食べたりしてたけど、食への執着は普通レベルだった。

 

大人になっても、美味しいもの好きだけど、自分で積極的に調べるほどではない。

自炊も好きではないし(今もそう)、太りたくないから、春雨ヌードルですませておくか、って淡泊な食生活でした。

えー、そんなに食事にこだわるのださい、ぐらいに思ってたかもしれない。

今の私とはめっちゃ気が合わなさそうだ。

 

 

2 今の私の食との向き合い方

 

それがね、今は食べるの大好きなんですよ。

食事というのは、一日に三回しかない貴重な機会だから、なるべく美味しいものを食べたい。

今、私はこれを食べたい…!とおなかが欲しているものをなるべく食べたい。

 

別に高級なものでなくてもいいんです。

納豆食べたかったら、納豆を、みたいな話。

 

旅行や、遠出するときは、その地の美味しいものを検索して、絶対食べるし、お土産も買いたい。

友達と食事行くなら、なるべく美味しそうなお店を探しておいて予約する、みたいな。

 

どれだけアテンドするねん、って気の利いた男性のようなことをやっちゃうんです。

 

 

3 なぜ、ここまで食への執着が増したか

 

私は、はっきりと分岐点がわかってます。

 

潰瘍性大腸炎発症時の絶食。

 

からの、食事が食べれるようになって、水みたいなおかゆ→だんだん固形物に近づいていくおかゆ→普通のおかゆ

それにともないおかずも、形になっていき…。

その間、退院したら、これ食べたい、あれ食べたい、と妄想を膨らませる日々。

 

まあ、実際退院しても、食事制限してるから、好きなものを好きなように食べれるわけではないけど。

それです。

 

絶食経験と、その後の日々の食事制限が、食への執着を高まらせてます。

 

やっぱりさ、人間ダメだと言われると、食べたくなるのよ。

盗んだバイクで走りだすような衝動がね、私を食へ走らせるわけです。

 

今、ヒマでテレビばかり見てるから、マクドナルドやケンタッキーのCMが流れるたびに食べたくて仕方ないもんね。

 

私、今回はUCでの入院ではないから、とりたてて食事制限されてないんだけど、気を使われてるのか、食事は全粥と軟菜が出てきてます。まあ、お気遣いいただいて、ありがたいです。

 

というわけで、自論では、IBD患者は、食への執着が強いな、とにらんでいるんですが、だからといって、好き放題食べられるわけではない我々です。

レシピを工夫したり、たまーーーに制限を解いたりして、自分の食欲をなだめすかしながら、この病気と付き合っていきましょう。

 

 

 

入院の価値観が変わった個室の快適さ【入院3日目】

こんにちは、ダニエルです。

 

入院生活も3日目。

すっかり患者も板についてきました。

というか、病院の服(患者が着る服)着ると、それだけですぐさま完全に患者になれますね。

 

入院3日目にして、私はレンタルWi-Fiを手にしたので、これからは気にせずPCもスマホも使えるようになりました!

私は、急な入院だったから、入院直後にレンタルを手配したけど、期間がわかっての入院の人は、必ず事前にレンタルしておくといいですよ。

Wi-Fiのない入院生活はヒマすぎますよ。テレビだけでいきていくには、デジタル機器に頼りすぎてる現代人ですよ。

 

さて、今回、私は初めて個室を経験しました。あまりに快適で驚いてます。

そういったエントリです。

f:id:danielchang:20190504152328j:image

 

1 なぜこれまで大部屋を選んでいたか

 

そもそも個室を選ぶ選択肢が頭になかったからです。

家族が入院したときも、当然のように大部屋に入っていたし、入院時の説明で個室の金額見たら、いや、大部屋でいいわ、ってなったし。

 

ただでさえ、入院でお金かかるのに、節約できるところは節約しよーぜ!って雪国生まれの堅実さが出たといいましょうか。

 

まあ、私、大学時代や、社会人になってからも寮生活を経験してるので、共同生活も平気だし?

海外生活で騒がしい中で暮らすのも慣れてるから、人の生活音も気にならないし?と気楽に構えてたところもあります。

 

 

2 実際にこれまでの大部屋生活はどうだったか

 

振り返れば、一番つらかった大部屋生活は、潰瘍性大腸炎発症時。

一週間くらい絶食だったんだけど、同室の人たちには食事が運ばれてきて、いい匂いがするんだな。

あれがしんどかった。

 

それ以外だと、大体、私が入る部屋というのは、高齢者が多くて、皆さん日中も夜もよく寝ているし、交流が盛んな雰囲気でもないので、我関せずで自己流で過ごしてます。

怪我での入院とか、外科系の患者の部屋は、若い人多くてもう少し楽しい雰囲気なのかも?と思ったりもしますが。

 

 

3 なぜ今回個室になったか?

 

ところで、今回個室になったのは、別に自分で選んだわけではなく、病院からの指示です。

入院前に、同居の甥っ子たち(2歳と5歳)がおなかからの風邪になって、吐いてたので、家族の健康状態を聞かれてそれを答えたから、感染症を怪しんでの個室かな?とにらんでます。

 

そのため、意図しての個室ではないんですが、こんなに快適だったとはな…!

 

 

4 個室の何が快適か

 

これまでの大部屋でもそれほど大変だとは感じてなかったんです。

それが、今回個室になって、こんなに気楽とは…!と驚いてます。

 

これまでも、気にしていないつもりだったけど、同じ空間に見ず知らずの人と寝っ転がってるわけですもの。

そりゃ気になるよ。

自分も生活音をたてないように気を使うし。

 

私の病院では、それぞれにテレビはあるけど、イヤホンで聞くスタイル。

たまに隣のベッドのおばあちゃんがイヤホン使ってないとそれもイラっとするし。

いや、夜中にイヤホンなしでテレビ観るおばさんに注意したことがあったな…

 

洗面所やトイレ使う時間が重ならないように気を使ったりさ。

家族や、友人がお見舞いに来てくれても、大部屋で話すと騒がしいから公共スペースに行く必要があるし。

 

まあ、私は入院しているといっても瀕死の状態だったことはなくて(しいていうと初回の時がそうかな)、それなりに自分で動ける状態だから周りにもちゃんとしてくれ!って思うのかもしれないです。

入院していると、誰もが、普通なら当然守れるルールを守れる状態にいるわけではないので、仕方ないんだけどね…

 

まわりの人を気にしなくていいのはとても快適です。

 

 

5 リゾート滞在を楽しんでる気分だ

 

今回、入院してるけど肺炎の症状も軽いこともあって、海外リゾートで、ホテル滞在そのものを楽しむ旅行をしてるような気分です…いや、部屋の窓は思いっきり障子が貼ってあるんだけども。

 

自宅にいても、家族がいると、思う存分体調悪いことは表現しずらくないですか?

私は、けっこう元気ぶってしまうタイプなので、そういう無理しなくていいのも楽だし。

食事も、体調に合わせたものを出してもらえるし。

 

いつもは、大部屋で、日中は公共スペースでスマホいじったり、本読んだりしてたけど、今回は部屋が快適なので、怖いくらい籠もってます。

完全に引きこもりです。

この後も、Wi-Fiを手に入れたので、動画見まくったりして、充実して過ごす予定です。

 

こんなに、個室快適なら、長期入院でなければ選択肢として全然アリです。

ストレスが少なくてすみます。

そもそも入院中って、通常時よりもイライラしたり、落ち込んだりしがちなんだから、気持ちをあげれるところはあげるために、個室選択するのもいいな、と認識を改めました。

 

それでは、私は引き続き引きこもりますが、皆さま残りの連休をお楽しみください。お仕事の人は、無理なさらず~

 

 

入院なうな令和の始まり

みなさん、こんにちは〜

 

時代が変わって、晴れがましい気分ではないですか?

私は、そうでもないんだぜ。

f:id:danielchang:20190503150822j:image

というのも、連休入ってから、微熱が続いていて、平成最後の日に救急行ったんです。

いつも通院してる病院だし、去年肺炎で入院していて、症状が似ていたからその病院で診察してほしかったのに、その日は内科の医師がいないということで、別の病院(当番医?)に回されました。

そこでは、普通の感冒薬と解熱剤もらって帰ってきました。

 

それでも、咳も止まらないし、微熱は上がっていくし。

 

令和元年初日は、家族で外食だったので、がんばって行ったけど、アルコールを受け付けず(そうは言ってもビール一杯飲んだけど)、食事も味わえてなかったような。

高級和食だったのにもったいない〜

(私、体調悪いわりに、お刺身や生物たいらげたわよ)

コンディション悪いと、食事って楽しめないですよね。

 

結局、もらってきた感冒薬飲み切っても良くならないので、もう一度通院している病院の救急に挑戦し、こういう持病があって(潰瘍性大腸炎)、一昨年、去年と肺炎で入院していて、今の状態は肺炎になったときと似てる!って受付で主張しまくって、やっと診断してもらえました。

 

この病院では、連休中は外傷しか受け付けないようで、それ以外は別の病院に回されるみたいだけど、本当に連休っていいんだかどうか、って気になりましたよ。

 

結局、CTとって、レントゲンとって、血液検査して、肺炎と診断され、即時入院で昨夜から患者生活を送ってます。

 

絶対、これはただの風邪ではないと確信してたので、肺炎とわかってすっきりしたし、あとは治すのみ。

 

問題は、連休終わるまでに退院できるか、ってことです。

 

どうも、病院も連休中はフル稼動してないので、連休明けに改めていろいろ調べて退院になるのでは。

 

職場に迷惑かけてしまうから、それが気がかり。

 

私は、UC発症以来、UCそのもので入院したことはないんだけど、肺炎での入院はこれで4回目。

ちょっと風邪をひくと、すぐに肺炎になるので、とても恐れてます。

誰かお仲間いますか?(いたら心強いってだけなんですが)

 

入院中は暇なので、テレビ観まくります…!

普段、テレビ観ないから、新鮮なの。

前回の入院ではマツコデラックスが好きになった。今は、霜降り明星が好きなので、出てる番組探します。

 

 

 

平成最後の内視鏡検査をしてきた件

こんにちは、ダニエルです。

連休ですね。

私は、年度末、年度始めと職場の繁忙期で平日は毎日残業、土日になると趣味の遠征と休みのない日々を送ってました。…疲れた。

なので、連休中はただただのんびり過ごす予定。

 

そんな連休に入る直前に、平成最後の!内視鏡検査をしてきました。

正確に言うと、体調が悪化して入院になっても仕事に支障がないように、連休直前に検査を設定したんだけども。

というわけで、私は11連休なんですけどね(金曜日に内視鏡検査した)。

検査は楽しいものではないから、11連休になったところでテンションあがらないですけどもね。

 

そこで、今日は内視鏡検査についてのエントリです。

あくまでも私の通院している病院での検査なので、世の中にはもっと快適な検査をしてくれる病院もたくさんあると思われますので、いろんな病院があるな、って生暖かい目で見守ってくだされ。

私は、この病院でしか検査したことなくて、検査自体は10回以上経験済みです。

f:id:danielchang:20190429181645j:image

 

1 検査前3日間

検査前3日間は、消化にいいものを食べるように病院から指示があります。

わりと、心がけてました。

でもね、検査2日前にお友達と飲みに行く予定を入れてしまった。

遠方から友達が出張で来ていてね。

それで、最近私が気に入ってる日本酒の美味しい居酒屋さんに行きました。

なるべく消化にいいものをおつまみに日本酒を数杯飲んだ。

 

消化にいいもの…と言っても、翌日検査前の注意書きを改めて読んだら、生野菜は避けるように書いてあって、サラダはダメだったことを知りました(ダメじゃん)。

 

そして、日本酒飲みすぎたのか、翌日(検査一日前)は完全に二日酔い。

朝ごはんは食べられない。むしろ、一回吐いた(すみません…)。

お昼はコンビニで和風パスタを買った(本当は、うどんがよかったけど、売ってなかった)。

夜ご飯は素うどん(ネギもNG)。

 

この日も、残業してたので、夕飯食べたのが21時頃だったんだけど、本当は早めに夕食を食べて、21時には下剤を飲むのが理想です。

でも、仕事してると理想通りにはいかないので、うどん食べて、お風呂入って、下剤飲んで、寝ました。

 

夜の時点で、下剤も効き始めたし、なんせ二日酔いであまりおなかに物が入っていない状態でした。

二日酔いになっている時点で、理想的ではない検査の迎え方でした(反省)。

 

 

2 検査当日ー午前中はモビプレップとの戦い

 

内視鏡検査というのは、午前中は下剤(私の場合は、モビプレップ)を飲み続け、腸をきれいにし、午後に検査という流れです。

 

それで、私の病院では、朝に他の内視鏡検査の人たち(大体5~6名)と一部屋に集められて、一緒に説明を受け、そのあとはひたすらモビプレップを飲みます。

 

他の内視鏡検査の人たちは、これまでの経験ではポリープを取りに来たおじさんが圧倒的に多い。

私自身、アラフォーで若くはないけど、内視鏡検査の群れでは若いし、女性ということで完全に浮いてます。

 

あと、ポリープの人たちは、それほど検査を経験してないんですよね。こちとら、年に1回は内視鏡検査を受けてる猛者ですから。

しかも、ポリープの人は15分くらいで済むらしいじゃないか。私の検査は1時間超えコースですからね。

おびえるおじさんたちを横目に、プロっぽさを醸し出す私です。

 

モビプレップは、美味しいものではないけど、これを飲むことがしんどいほどではないです。

…と思っていたけど、体調悪いとき(風邪ひいてた)に飲んだら、吐いてしまい、検査を受けられなかったことがありました。

体調は整えて受けるのが大事です。

 

それと、今回とてもいいことを学んできました!

モビプレップを飲むときは、モビプレップの半分の量の水もしくはお茶(無糖)を飲むことになってるんだけど、私は、これまでモビプレップの合間合間にお茶を飲んでました。

やはり、モビプレップは美味しいものではないので、味をごまかすため、お茶をちょくちょく摂取。

それが、今回、看護師さんが「モビプレップを1リットル飲んでから500mlの水かお茶を飲む方が効果が早い」と教えてくれたので、そうしたところ、今までで一番早く腸がキレイになりました。

これは、これから内視鏡検査を受けるすべての人に声を大にしてお伝えしたいです。

 

ここからはグチなんですけど、私の病院では、検査で集められたおじさんたちと共用のトイレでただただ便の様子をみるわけですが、男女別れてないんですよ。

音姫もついていない。今どき、そんなトイレなかなかないですよね。

そのトイレが嫌で仕方ないので、病院内の外来用の女性だけのトイレまで行ってます。

モビプレップ中は、歩くほうが便意が促されるし、看護師さんもこのトイレの欠点は認識していて、外に行っていいよ、って言われるので。

ただし、最後に看護師さんに便がきれいになったか確認してもらうときは、検査用のトイレを使う必要があります。

 

 

3 いざ、検査!

午前中に、便がきれいになったら、あとは検査が始まるのを待つだけ。

私は、ソファーで仮眠をとれるエリアでガチで仮眠とって体力つけてました。

 

私の主治医は、来るのが遅いので、腸がきれいになるのが早くても、検査開始は遅いんです。

検査前には、検査着(入院中の人が来てるのと同じやつ)と、検査用紙パンツ(お尻側に穴が開いている)に着替えます。

 

名前を呼ばれたら、検査の開始…人としての尊厳を失う瞬間のスタートです。

台の上で横になり、蠕動運動を止める注射をしたら、お尻を突き出すよう言われます。

ひぃぃぃぃ----と思ってるうちに、カメラが入れられます。

毎回、今地震が起きたらどうしよう…と怯えてますが、今までそういう災害に遭ったことはないです。が、絶対地震に遭いたくない瞬間ベスト3です。

 

カメラは、まず腸の果てまで入れられて、そのあとは調べながら戻ってくる流れです。

私は、この腸の果てまで入れるのがしんどくてしんどくて、検査が嫌いだったんですが、今回それほどでもなかったです。

どうも、炎症がひどい時期だと、カメラを入れるのがつらいようです。

炎症してなかったら、入れるのもそれほどしんどくない。

寛解保つのが重要ですね(あたりまえ)。

 

私の主治医は、おしゃべり好きなので、映った画像を解説しながら検査を進めます。

正直、解説はいらないから、早く終わってくれ…と思ってましたが、生検とって、出血した部分を水で冷やして、って作業があるので、その合間におしゃべりしてくれてることに今回気付きました。

主治医、ごめん。あのおしゃべりは私が退屈しないようにやさしさだったのね。

 

(でも、腸の内部を見慣れてない身としては、炎症おさまってる腸と言われても、見ていて楽しいものではないというか…グロテスクな映像に思えてしまう…)

 

私は、合間合間に腸の映像が映ってるモニターの時間を確認しては、もう少しで終わる!って思うことで乗り切ってます。

 

大体、1時間くらいで、検査終了。

終わったら、解放感でただただ幸せです…

 

 

4 検査後ーガスとの戦い

検査が終わったら難関はほぼ突破してますが、検査中に空気を入れられたりしてるので、ガス(すなわち、おなら)が出ます。

 

あと、生検したので、出血する可能性があるから、ナプキンをつけるよう言われるんだけど、男性はどうしてるんでしょうか(疑問)。

 

夕飯は、消化にいいものを食べて、終了です~

この日は一日ろくに食べてないから、おなかすいてるしね。

 

 

5 検査結果

今回は、便中カルプロテクチンが通常値の10倍だったことから、検査したんだけど、腸の様子は悪くなかったです。

生検の結果はまだわからないですけど。

 

このブログ始めてから、かなり気を付けてるので、効果あったな~と喜んでます。

 

検査日は、連休突入前日だったので、主治医と「平成最後の内視鏡検査だったね!」「次は令和に会おう!」と言い合ってお別れしてきました。

 

腸が落ち着いた状態だったので、安心して連休を迎えられてよかった。

 

それでは、みなさまも素敵な連休をお過ごしください。